dropped
 
 カリフォルニアに住むフィッシャー一家には3人の息子さんがいる幸せ家族だ。当初子馬を飼おうと考えていたところ、ご両親のジョシュアさん、ビーさんの2人は考えを変えた。子供にも優しく大きくあたたかいというニューファンドランド犬を飼うことに心を決めたのだ。

 ラルフィーという1才のニューファンドランド犬の子犬がフィッシャー家に仲間入り。その1年後には同じくニューファンドランド犬のボスも家族となった。

 人間5人、超大型犬2頭のにぎやか家族は毎日楽しく過ごしているそうだよ。
スポンサードリンク

 3人の子供たちは超大型のモフモフな兄弟を愛してやまないそうだ。


 長男のレノックス君は両親の教えもあって、犬たちをかわいがるのを忘れない。


 ニューファンドランド犬は、子供と遊ぶのにぴったりの気質。クルーズ君も夢中のようだ。


 ラルフィーはおよそ60キロ、ボスは約70キロと大型だが、末っ子のテガン君にもこのやさしい眼差し。


 それどころか、テガン君は2頭の散歩のリーダーを務めるのが好きなんだそうだ。


 歯磨きやなんかの毎日のお仕事のお手伝いも頑張っているようだ。


 寝る前の読書にもしっかり参加。


 もちろん保護者役だって務めちゃう。


 保護者、時々枕。


 大型犬は飼いにくい、そう考える人も少なくないのかもしれない。でもこんな幸せ家族の写真を見てしまったら、今すぐ大型のふわふわ甘えん坊に会いたくなってしまう人もいるんじゃないだろうか。



 一家の今後が気になるお友達はインスタグラムを見てみよう。

via:These Pups And Their Kid Siblings Love Each Other Despite A Huge Size Difference translated kokarimushi / edited by parumo 

▼あわせて読みたい
虐待された過去を持つイングリッシュ・ポインター犬、にぎやか家族の仲間入り、生涯の親友に出会う


1匹+1匹は無限大!小型犬と大型犬の名コンビがおねだり上手で仲良し。


これが犬のさりげないやさしさ。小さい犬にリンゴを取ってあげる大きい犬


出会った時から親友になれたよ。大型犬と小さな子供のやさしい世界画像集


「一緒に行こうね。」大型犬と小さな女の子のお散歩レッツスタート




このエントリーをはてなブックマークに追加