dog-2_e
 
 三人寄れば文殊の知恵、といった言葉もあるように1人よりは複数でいた方が何かとことをなし得やすかったりする。どうやらそれは犬たちの世界でも一緒のようだ。

 アメリカ、ミシガン州にお住いの、アドリアナ・バークハートさんが飼っている犬のベラは相棒を見つけ、2匹揃っておやつのおねだりにくるんだそうだ。その様子が「これじゃあ断れない」と話題を呼んでみた。
スポンサードリンク

 2匹揃ってのおねだりがこちら。
net]

 小さな犬のベラと大きな犬のハンクは合体し、2匹でおやつをねだりに来るんだとか。小さなベラはハンクに乗ることで何かと便利なことがある!と気づいたのだろう。

 2歳のベラは好奇心旺盛でイタズラ好き。日々やんちゃを楽しんでいるんだとか。そんなベラはいつしかよく遊びに来る大型犬のハンクを相棒にすることを決めた模様。

 10歳のハンクはアドリアナさんの両親に飼われていて、たびたびアドリアナさん宅に遊びに来るそうだ。そうして2匹の凸凹コンビはいつしか名コンビになっていった。

net]

 「2匹ともお互いのことが大好きみたいなんです。ベラは私と暮らしていて、ハンクは私の両親と暮らしているんですが、再会するたびに大喜びするんですよ。」とアドリアナさんは語る。

 10歳を迎え、おっとりし始めたハンクにとってベラのような元気いっぱいの友達ができたことはよい刺激になったようだという。ベラがいる間、ハンクはベラと一緒に走り回り、不足しがちな運動をたっぷり楽しんでいるという。たくさん遊んでハンクが疲れ、横たわったときもベラはハンクのそば(頭の上)を離れないんだそうだ。

net]

 2匹は一緒にいる間、常にこの形で合体して過ごしているという。昼寝も、家の周りをうろつくときも、おやつのおねだりもだ。

 その姿はまるで一心同体だという。2匹は毛の色までもそっくり。
net]

 そうして、家族の誰かがおいしそうなものを食べているとおねだりに行く。2匹で行えば効果は抜群だ。

net]

 ベラとハンクは相棒でありつつ、ハンクはベラの交通手段の一つでもあり、昼寝に適した場所を持つ友でもあり、柵を超えるための踏み台のようでもあり、とにかく離れられない関係らしい。

net]

 一緒に休む2匹。ベラのおちゃめな魅力、ハンクの忍耐強いやさしさ、まさにいいコンビなんだ。

net]


 マランダーでは以前もこういった記事をご紹介している。小型犬が大型犬に親愛の情をこめて乗るのは珍しくない事なのかな。

 2匹のコンビパワーなら、これからもおいしいおやつをゲットしつつ仲良く楽しく暮らしていけるだろう。

via:Tiny Dog Uses Her Big Brother To Do Everything, Becomes Internet Sensation translated kokarimushi / edited by parumo 
▼あわせて読みたい
パグとか枕だから。と、ブルドッグに枕にされ困った顔


おチビだけど強いんニャ!大型犬2頭の家に強気な子猫がやってきた。仲良しトリオの生活ぶりを見てみよう


大好きだからパパの膝はぼくの席。飼い主から離れないゴールデン・レトリバー犬


ねぇ、仲良くしよ?!一緒にあそぼ!アメリカンブルドッグと一緒に遊びたい子チワワ


同じ悲しみを経験したからもう離れないよ。寄り添い生きる二匹の犬、CCとチューバッカの物語





このエントリーをはてなブックマークに追加