babydonkey0

 インドのウダイプールで動物たちの救助と保護を行っているAnimal Aidの活動は、マランダーではすっかりおなじみになってきて、応援してくれるお友だちも増えてきたみたいで嬉しいよ。今回は怪我をしたロバの赤ちゃんと、そのお母さんのストーリーをお届けするので、ぜひご覧いただきたい。
スポンサードリンク


Injured baby donkey rescued; watch her mama's reaction

 この日Animal Aidのスタッフは、野生動物に襲われて何ヶ所もケガをしたロバの赤ちゃんがいるとの通報を受け、現場に向かった。

babydonkey1

 地元の人が出血を止めてやろうとしてターメリックの粉をかけたので、赤ちゃんロバは黄色に染まっていた。

babydonkey2

 お母さんロバも心配で居ても立ってもいられない様子。
babydonkey3

 赤ちゃんを保護して車に乗せたところ、お母さんはスタッフに子供を奪われると思ったようだ。もちろん、いっしょに連れて行くよ!

babydonkey4

 赤ちゃんは1ダース以上もの噛み傷を負っていた。Animal Aidで治療を受ける赤ちゃん。痛そうだね。

babydonkey8

 お母さんも、スタッフたちが赤ちゃんを助けようとしているのがわかったみたい。落ち着いて見守ってくれているよ。

babydonkey5

 傷のいくつかはとても深いものだったが、スタッフの献身的な手当と、何よりもお母さんの愛が赤ちゃんの治癒を早めた。

 そして赤ちゃんはジュヌビエーブと名付けられ、こんなに元気に走り回れるようになったんだ。その様子はぜひ動画で見てほしい。

babydonkey7

 Animal Aidにはこんなふうに、子供たちへの助けを必要としている動物のお母さんたちがたくさんいるんだそうだ。お母さんも子供たちも、幸せになってくれるといいね。

※2017.5.22追記:Animal Aidでは広く寄付を受け付けているんだけれど、今のところ日本からの送金はちょっとできないようなんだ。応援してあげたいというお友だちは、ぜひインスタグラムでフォローやいいね!をしてくれると彼らも励まされると思うよ。

▼あわせて読みたい
よくがんばったね!交通事故で足が麻痺した犬が、もう一度歩けるようになるまで


お母さんのぬくもりも知らずに捨てられた、生まれたばかりの子ウシを救助


よくがんばった!インドで保護された重病の犬が回復するまで(手術シーンあり)


大丈夫、すぐ行くからな!穴に落ちた犬の救助物語


「なにこれ美味しいの?」砂漠育ちのロバ、はじめての草原にどうしていいのかわからない



このエントリーをはてなブックマークに追加