monkey-1_e
 
 コンゴ共和国の農家に、ベルベットモンキーが餌欲しさに押し寄せた。人間たちの作った作物は動物たちにとっては素晴らしいご飯の山だ。

 しかし、農家の人々にとっては作物は汗水たらして作った品物。おいそれと動物たちに好きなだけあげることはできない。農家の人々にとってサルたちは害獣だったのだ。害獣認定されたサルたちは次々と殺されていった。
スポンサードリンク

monkey-1

 農家の人々はサルたちを処分したが、2匹の幼い子ザルたちの命は奪わなかった。保護し、飼育することにした。害獣を救い、飼うなんて矛盾しているように感じるかもしれない。しかし幼い命の前に農家の人々の心に慈悲の心がわいたのかもしれない。

monkey-2

 2匹は「フィジ」と「マコボラ」と名付けられた。マコボラはおよそ2~3才、フィジに関しては歯も生えそろわないほどの幼さだった。

 今回の事件で両親を失った2匹は互いに抱き合い、その恐怖と孤独をやりすぎしていたという。農家の人が子ザルを抱いている姿を心優しい警官が目撃し、子ザルたちは警察に預けられたのち動物保護施設へ送られることになる。

 施設ではミルクなどしっかり栄養あるご飯をもらっていたが、2匹の幼い子ザルたちが本当に欲しかったものはきっと両親のぬくもりだったはずだ。

 だからこそ、2匹は失った両親への愛情を埋めるべく抱き合い離れなかったのだ。
monkey-3

 フィジはまだまだ幼く、母親が必要な年ごろ。その役目を自身もまだ幼いマコボラが買って出ているんだとか。2匹はもうすぐ他のみなしごサルたちとも出会う予定である。それまでは2匹で栄養を蓄え、支え合いたくましく育っていくだろう。
monkey-4

 何が正しくて何が間違っているのか、判断は一側面を見ただけで行われてはいけない。しかし、2匹の子ザルの友情と愛情に胸を打たれる人々は少なくないだろう。

via:Orphaned Baby Monkeys Won't Stop Hugging Each Other translated kokarimushi / edited by parumo 

▼あわせて読みたい
「一口飲ませてよ、ね、ね、いいじゃん!」とかいうノリで、ペットボトルの水をねだるサル


「何するんだ、返せってば!」敵もサルもの困りもの。荷物を奪うサルたちの所業の数々をご覧ください


「ニンジンの皮むいときました」サルのお手伝いがなんとも本格的でびっくり


「ごっそりいただいていきますね」「ちょ、待てや!」牛乳泥棒のサルとそれを追いかけるお店の人


「これって“例のあの人”じゃ…?」とあるサルの赤ちゃんが悪名高きあの人にそっくりと話題に!



このエントリーをはてなブックマークに追加