cat-4_e
 
 子猫のシャネルさんは、生後2週間で保健所にやってきた。しかし保健所にはそんなにも幼い子猫の世話をする時間も人員もなかったため、引き取り手が名乗りをあげなければ殺処分をすることが決まっていた。

 そんな中、動物の保護救助のボランティアをするブリトニー・ダイアンさんがFacebook上で「5時までに引き取り手がいない場合、この子猫は殺処分になります。」という投稿を目にし、急いで保護に向かった。
スポンサードリンク

net]

 「保健所が子猫を殺処分するということは世話する人が不足しているということだと思います。子猫の世話というのは、非常に時間と手間のかかることです。2~3時間おきに哺乳瓶で餌を与え、トイレの世話をし、げっぷをさせて…母親代わりになるということですから、大変なことですよ。私はシャネルを引き取った日、5時に間に合わなくて友人に代理で受け取ってもらったんです。友人のおかげでこうして今、シャネルの里親ができて幸運に思っています。」とブリトニーさんは語る。

net]

 無事に生後4週間目を迎えたシャネルは、日に日に好奇心旺盛にいたずらっ子に育っているそうだ。キャットツリーをよじ登ったり、家じゅう探索したり、自分の何倍も大きな体の先住犬にも臆せずじゃれついているという。

 そんな愛くるキュートなシャネルさんはかくれんぼも大得意。シャネルさんのかくれんぼ好きがちょっとした騒ぎになってしまったこともあるそうだ。

net]

 ある日、シャネルさんがいつものように冒険をしていると、昼寝にぴったりな隠れ家を発見してしまった。そして飼い主のブリトニーさんは愛猫シャネルさんがいないことに気付き、家族全員で大捜索が始まった。

 「家じゅうのありとあらゆるところを探しました。ソファの下、冷蔵庫の裏、あらゆる家具の裏側、シャネルがおよそ自分ではいけないようなところまで調べました。家族全員で1時間以上もシャネルを探し回って、ついに疲れた祖父がソファに座って、ティッシュに手を伸ばした時に全ての謎が解けました。シャネルはティッシュボックスの中にいると分かったんです。」

net]

 大騒動の後だが、お昼寝をしていただけのシャネルさんはこのきょとん顔だ。どうやらこの狭くて暖かい場所がシャネルさんはお気に召したようで、この騒ぎの後もいそいそと入り込んでいく姿が度々目撃されているとのこと。

net]

 「ティッシュボックスに入らないような大きさに成長するまでは、ティッシュボックスがシャネルにとってのお気に入りの場所になるでしょうね。」とブリトニーさんは苦笑交じりに騒動を締めくくった。

via:Woman Spends An Hour Looking For Kitten — And Finds Her In The Weirdest Place translated kokarimushi / edited by parumo 

▼あわせて読みたい
生まれながらにして二本足の子猫、愛ある家族の元もうすぐ1才に。


車の下で悲しそうな目をしていた子猫、6か月後にこんなにかわいい甘えん坊猫に


家の玄関の前で寝ていた猫を保護したものの、その猫は飼い主も知らない驚きの二重生活をしていたことが発覚


「エンジンに猫がいるかもしれません」親切なメモ書きが3匹の子猫を救う


寒さに震える猫たちのために手作りはしごを作成し、猫のために自宅を開放した心優しい女性発見



このエントリーをはてなブックマークに追加