net]_e

 アメリカアーカンソー州で、あるおじいさんが4匹のダックスフンドを家に迎え入れた。おじいさんはきっと子犬たちと余生を愛情あふれる豊かなものにしたかったのだろう。しかし、動物を飼ううえで非常に大切なことを怠ってしまった。それは去勢手術、避妊手術である。

 最初は4匹だった子犬たちは見る見る間に増え、50匹近くまで増えてしまった。
 
スポンサードリンク

net]

 老後をにぎやかにしようと引き取った4匹の子犬だが、子犬の成長は人間のそれよりもはるかに速い。あっという間に増えに増え、50匹ほどの大所帯になってしまった。おじいさんは自分のご飯を減らして、犬たちにご飯を与えていたという。

net]

 そんなおじいさんについて連絡を受けたAlaqua Animal Refugehttp://www.saveunderdogs.com/の2団体が救助に入った。救助に入った際、おじいさんは安心したような悲しいような複雑そうな表情を見せていたという。

net]

 生後数か月から約5才の犬は無事に保護され、しっかり獣医にて健康状態の確認、そしてしかるべき治療を受けたとのこと。前の飼い主のおじいさんは子犬たちを愛していて全力を尽くしていたが、不足していた部分があったことは否めない。犬たちはアーカンソー州からフロリダ州へ移送されることとなった。

net]

 50匹をこえる犬たちは里親募集中だとのこと。



▼あわせて読みたい
クリスマスのご馳走に歓喜する犬たち。セルビアのシェルターにサンタさんがやってきた日


前足がなくゴミ箱に捨てられていた犬のキューピッドさん、補助器具であらたな犬生の第1歩をスイスイ


パブロとピカソ。安楽死直前だった兄弟犬が再会、幸せ家族募集中


虐待を受けていたピットブルのサッシ、お腹を見せてなでなでのおかわりを要求。甘えん坊へ大変身!


保護犬、保護猫たちのクリスマス。彼らを待っていた本当のプレゼントはおもちゃだけではなかった!



このエントリーをはてなブックマークに追加