dee-1_e

 ディーさんが休暇の旅行を終え、信頼できる近所の人に預けていた愛猫を引き取りに行った際、どこからか弱々しい猫の鳴き声が聞こえてきた。

 もちろんディーさんはすぐに鳴き声の出どころの捜索を開始。そして古びた車の下に1匹のやせ細った小さな子猫がいることを発見した。
 
スポンサードリンク

net]

 車の下で鳴いていた子猫はやせ細り全身が汚れていて、おなかをすかせた様子だったという。
「逃げていくかと思いましたが、子猫は私が食べ物を持っていると思ったのか近寄ってきました。」

 しかし残念ながら食べ物をもっていなかったディーさんは、近所のお宅に猫の存在を知らせ、食べ物をもらって子猫のいた場所へ再度向かった。しかし子猫はいなくなっていた…。

net]

 子猫の不在にがっかりしつつ、ディーさんは無事に愛猫と共に帰宅した。

 そしてそのおよそ2時間後、ディーさんは子猫を発見したという電話を受ける。今度こそと勇んでバスケットに子猫用の食べ物を詰め込み、現地にディーさんは向かった。

 やはり子猫はとてもお腹をすかせていたようで、躊躇なくディーさんの準備した食べ物に取り掛かったという。ディーさんはそんな子猫をタオルで包み、バスケットに入れて保護することに成功した。

net]

 「子猫は健康状態が非常によくありませんでした。毛も絡まり、泥やノミが体中についていました。なので濡らした布で子猫を拭き、獣医のもとへ連れていくことにしたのです。そこで脱水症状の治療と虫の駆除などをしてもらいました。」

 ルーファスと名付けられた子猫は、2~3日の間ディーさんの愛情たっぷりのお世話をうけ、昼寝と食事に日々を費やし、順調に元気を取り戻した。

net]

 体力を回復し、ディーさんのお家の環境にも慣れ始めたルーファスの様子を見て、ディーさんはSNSにルーファスの里親募集の投稿をしてみることに。

 しかし3週間たっても誰からも反応はなかったという。
net]

 「ルーファスは日に日に明るく元気な子猫になりつつありました。そんな姿を見ているうちに私たちはルーファスを手放したくないと考えるようになっていたのです。」
 
 1カ月もたつとルーファスの毛は濃くなり、たくさん話しかけてくるようになったという。そしてルーファスはそのコミュニケーション能力のおかげか、先住猫とも仲良くなっていった。

 そうした様子を見てディーさんはルーファスを家族として迎え入れる決意をする!
net]

 「ルーファスは甘えん坊でやんちゃで、毎日蝶々やおもちゃを追いかけまわしていますよ。リビングの真ん中で全身を伸ばして寝るのがお気に入りのようです。私たちがソファに座ると膝の上に飛び乗ってくるんです。」とディーさんは嬉しそうに語る。

net]

 そうしてルーファスが引き取られて半年がたった。

 「あの時、ルーファスを助けることができて本当によかったです。もしこうやって家に連れてこなかったら、あの時のルーファスの瞳がきっと一生心に焼き付いて後悔したとおもうんです。ルーファスを助けてあげられてよかった。家族にしてあげることができて本当によかったです」
 
net]

 これが最初から計画通りだったのかどうなのかは我々の知る由もないが、今はすっかりディーさんの愛猫となったルーファスは今後ものびやかに甘えん坊に幸せな猫生を送ることだろう。

via:Stray Kitten Found Hiding Underneath Car with Saddest Eyes, What a Difference 6 Months of Love Makes.. translated kokarimushi / edited by parumo 

▼あわせて読みたい
ナイスガイによって火事から救助された子猫、命の恩人と再会


ボストン警察署SWATのマスコット猫、ついにSWAT内にお家をつくってもらう


1匹救ったつもりがハッピー大所帯!身重だった黒猫が保護され、無事に出産したようだ


マイナス17度の極寒の夜保護された黒猫フレディー、マイホームであっという間にごろにゃーご



このエントリーをはてなブックマークに追加