swan-1_e

以前、線路を我が物顔で歩き、後ろから汽笛を鳴らされると座り込みを行うハクチョウをご紹介したが、またもハクチョウ先輩による道路の独り占め事案が勃発していたようだ。

 イギリス、サウスヨークシャー州ロザラムにおいて朝の通勤ラッシュに座り込みを開始しちゃった強者が発見された。

 
スポンサードリンク




 なぜハクチョウの個体が道路でストを行ったのか原因は明らかになっていない。ハクチョウ先輩の虫の居所の問題かもしれないし、そうでないかもしれない。VIP感丸出しのこの様子に朝の町もてんやわんやのおもてなしだった様子。ロザラムの心優しい人々にはいくら急いでいるといってもハクチョウ先輩を無下に扱うことなどできなかったようだ。

 RSPCA (英国動物虐待防止協会)と地元警察が連携し、社長出勤のハクチョウを無事に無傷で道路からどかすことに成功した模様である。

▼あわせて読みたい
「だが断る!」線路内に立ち入り、強行的にお散歩したハクチョウ先輩の姿がこちら


戦闘モードにスイッチ完了!犬を威嚇するハクチョウは意外と凶暴な鳥だった


ここはオレ様専用滑り台なんだぜ。階段の手すりでエンドレスにウイーンするオウム


君たちちょっとやめたまえ。2羽の雄鶏の喧嘩の仲裁に七面鳥ポリスが飛んできた!


はい、皆さんこんにちは!お姉さんといっしょにお辞儀をするハシビロコウがちょっとかわいく見えたりする



このエントリーをはてなブックマークに追加