cat-1_e

 猫という生物が時として液状化し、脱出や侵入を試みることがあることは日本のみならず世界中で知られている。

 今回もそのたっぷりもったりした魅惑のボディを駆使し、侵入不可能であろう場所にぬるりと忍び込む猫の個体が発見されたよ。
  
スポンサードリンク


Fat Cute Cat Going Under Door

 ドアの下にあるわずかな隙間から見える肉球が二つ。しゃかしゃかするうちになんとご神体が現れたではないか。相変わらずのぬるりんっぷりである。必死そうな表情を見せているが、それでもあっという間に脱出しちゃったのである。

 侵入可能か肉球検査入ります
cat-2_e

 そしてまず頭部から
cat-3_e

 おっとふくよかなお尻がつっかえたか
cat-4_e

 その後は見事に脱出キャットになっていたようだよ。飼い主さんの笑い声も相まって思わずつられ笑いをしてしまう案件であった。ドアノブも開ける、鍵もあける、隙間があれば脱出も侵入もできる、ニャンずリキッドに不可能はないのだろうか。

▼あわせて読みたい
じゃれちゃってますけど。愛くるキュートな茶トラ猫からブロックの穴になりきる変身テクニックを学ぶ。


アイツもコイツも溶けていく。心もとろける動物たちの液状化現象詰め合わせ


自称悟り系猫、マッサージにより液状化真っ只中で発見されなぜか両足をあげる


液状化最前線?とろけ具合がヤバイ、どこでも寝る猫総集編


礼儀正しくドアをノックする猫。ドアをノックしている猫。ドアをノック…(バタン)







このエントリーをはてなブックマークに追加