hippo-1_e

 今年1月、アメリカ、オハイオ州シンシナティ動物園にカバの赤ちゃんが生まれた。予定の6週間も早く生まれた赤ちゃんはフィオナと呼ばれ、動物園のスタッフが24時間体制でお世話をしてきたとのこと。

 まだまだ小さく未発達なフィオナだが、そのかわいさでSNS上ではアイドルなんだとか。そんなフィオナのお風呂でうとうとシーンが発見されたので、みんなで見てみよう。
スポンサードリンク


Sweet dreams for baby hippo Fiona!

 青いバスタブに張られたお水の中で気持ちよくぷかぷかエンジョイ中のフィオナさん。そんなフィオナはなぜかお昼寝中になると、ちょっとだけベロが出ちゃう癖があるという。ウトウトしながらもベロチラが止まらないんだ。なんだか微笑んでいるみたいで、見ているこちらもついつい口角が上がってきちゃうんだよ。

 水の中でご機嫌にお昼寝中のフィオナ。いったいどんな夢を見てるんだろう
hippo-2_e

 なぜかペロペロ舌が出ちゃうのはご愛敬なんだ
hippo-1_e


 口をもぐもぐしている様子は人間の赤ちゃんもよくする仕草だよね。愛くるキュートなフィオナはシンシナティ動物園のインスタグラムでも大人気なんだとか。

 それもそのはず。フィオナは体は小さくとも飼育員の皆さんと毎日楽しくかわいく暮らしているようだ。



 現在はチーム・フィオナがつきっきりでフィオナをお世話してくれているという。十分に成長したら、パパのヘンリーさんとママのビビさんとともに生活できるとのこと。



 2月にはつたないながらも歩くこともできるようになったというフィオナは毎日順調に成長中のようだ。今後もアイドル赤ちゃんカバのフィオナを要チェックだね。

▼あわせて読みたい
はい、お口をあ~ん!上手だね!カバの歯磨き風景が気持ちよさそうで和む


「あたいもモフっておくんなサイ!」ドキュメンタリーを撮影中に野生のサイが飛び入り参加でモフ要求


母を殺されて1人で眠れなくなったサイの赤ちゃん、羊と過ごすことで心を癒やされる


サイの赤ちゃん、ママンと一緒にはじめてのお風呂でゴロンゴロン


サイの背中でヤギジャンプ。サバンナでもぴょんぴょこ跳ばずにいられないヤギたちの図



このエントリーをはてなブックマークに追加