vitiligo-1_e

 先日カラパイアで白斑症の少年が白斑の犬と出会い、少しだけ自分を好きになれたという記事があった(関連記事

 白斑症とは生命を脅かす病ではないが、皮膚の色が部分的に薄くなったり白くなる皮膚病である。人間にも発症するが動物たちにも発症する。「周りと違う」そんな意識は全くない、ただ己のあるがままを受け入れて愛らしさいっぱいの白斑症の動物たちを見てみよう。

スポンサードリンク

1、
net]

2、
net]

3、
net]

4、
net]


5、
net]

6、
net]

7、
net]

8、
net]

9、
net]

10、
net]

11、
net]

12、
net]

13、
net]

14、
net]

15、
net]


 動物たちも白斑症を抱えながらも元気いっぱいそれぞれの犬生、猫生、フクロウ生を満喫しているようだ。動物たちは自分たちの外見だとかハンデだとかは全く気にしない。ただ与えられた生を思い切り生き抜いている。皮膚に問題を抱えていると、みんなが自分を見ているようなそんな妄想に憑りつかれて心暗くなるものだ。いつかは人間も動物たちのように「みんな違ってみんないい」と他者を本当の意味で尊重できる日がくるといいよね。

via:Unusual But Adorable Looking Animals With Vitiligo (15 pics) translated kokarimushi / edited by parumo 

▼あわせて読みたい
きっとずっと一緒だよ!異種愛炸裂のゴールデンレトリバーと仲間たち


ぬくぬくしたい夜にオススメの、寄り添う動物たち詰め合わせ


かわゆすぎる!動物の赤ちゃんのとろける写真20連発!


みんなみんな生きているんだ。友達なんだ!異種な友情画像コレクション


動物たちに明日を生き抜く力をもらおう。笑う門には福ばかりな、ニコニコ笑顔の動物たちの画像



このエントリーをはてなブックマークに追加