sasha2

 以前カラパイアで、450頭もの犬を保護しているセルビアのシェルターをご紹介したことがあったんだが、その後犬たちがどうなっているか気になっていたお友だちもいるんじゃないかな。というわけで、この冬クリスマスを迎えたシェルターの様子をご紹介しようと思うんだ。
スポンサードリンク



 セルビア正教会では旧暦を使ってクリスマスを祝うので、西暦でいうと1月7日がクリスマスということになる。そのクリスマス当日、シェルターの犬たちにはごちそうのクリスマスプレゼントがあったんだ。

 マイナス17度という厳しい寒さの中、思いがけないごちそうに大興奮の犬たち。

sasha1

 支援者から贈られた本物の肉に、犬たちは大喜びだったそうだよ。
15825903_1218916908194901_7854704700966966810_n

 その他にも、こんなにたくさんの差し入れがあったんだ。
15940975_1222441334509125_1599275079870852364_n

 カラパイアでご紹介したときには、450匹の犬たちが収容されていたこのシェルターだが、現在では数が増えて600匹を越えているそうなんだ。

 こんなシェルターのあるセルビアでも、犬たちを保護する活動はまだまだ足りていないのが現状のようだ。願わくば1匹でも多くの犬たちが、次のクリスマスは暖かい家庭で迎えられるように祈りたい。

 シェルターを運営しているペシッチさんの立ち上げたハーモニー基金では、募金も受け付けている。興味を持った人はホームページフェイスブックを覗いてみてくれると嬉しいな。

▼あわせて読みたい
シェルターから家族のもとへ。元保護犬のロキさん、家族との初めての夜


見捨てられ栄養失調で発見されたピットブル、消防署のアイドルドッグへ変身


ずっと待ってたの。2年間置き去りにされた犬、苦難の末新しい家族のもとへ


【一部閲覧注意】傷だらけだった犬たち。保護犬たちのビフォアアフター写真集


よくがんばった!インドで保護された重病の犬が回復するまで(手術シーンあり)



このエントリーをはてなブックマークに追加