charlie-1_e

 甘え上手な猫の個体は数多く存在するが、今回またしても我々をメロリンラブに突き落とす甘えん坊の猫が発見されたよ。

 羨ましがるも良し、うちの子自慢するもよし、みんなで猫についてちょっぴり思いを馳せる時間が必要な時があるって思うんだ。
スポンサードリンク


More Love Please!

 猫のチャーリーさんは飼い主からのなでなで、愛情いっぱいのモフられタイムが大のお気に入りの様子。モフがちょっとでも止まると、自ら飼い主の手のひらに自分のおでこをぶつけてモフ要求するんだそうだ。

 この時間は至福の時、幸せそうなチャーリーさんの表情にも注目だ
charlie-2_e

 しか~しモフがストップしてしまうと…
dropped

 肉球を駆使し、モフタイム奪還へ
 「あんた、ワイのこともっと見てよ」
charlie-4_e

 こんなうっとろりんフェイスが見られるなら何度でもいつまでもモフってしまいそうだ
charlie-3_e


 この甘え上手というか、相思相愛っぷり、直視してしまうとうらやま死者がでてしまいそうだ。こんな甘えられ方をしたら下僕には拒絶するのは不可能なんだ。これもまた彼らのシナリオ通りなのかどうかは謎のままである。

▼あわせて読みたい
「早くつかまるにゃ!溺れちゃうにゃ!!」飼い主が溺れてると勘違い?助け出そうとする猫の必死な姿に泣ける


「肩と腰にきてますわ」ナニコレ。うちにも来てほしい。凄腕のマッサージ猫あらわる!


忍者モードの子猫が見せる“だるまさんが転んだ”のかわいいこと


毛並みは女の命やねんから。自分でブラッシングする女子力高い猫


飼い主の背中はキャットタワー?背中をガシっとホールドするサバンナキャットたち






 
このエントリーをはてなブックマークに追加