tiger-1_e

 2015年、南アフリカ、プレトリア内にある自然保護区でベンガルトラの赤ちゃんが保護された。母トラは赤ちゃんトラに対し、非常に攻撃的だったため保護されることとなった。

 幼くして1匹ぽっちになってしまった赤ちゃんトラだが、『ハンター』という立派な名前をもらった。そんなハンターには異種のお友達がいるんだそうだ。ハンターの交友記録を見てほっこりしちゃおう。 
スポンサードリンク


Baby Tiger And Dog Are Best Friends

 生後わずか3カ月で1匹ぼっちになり寂しく過ごしていたハンターにはちょっと自分とは毛並みの変わった友達ができた。

 ジャーマン・ショートヘアード・ポインターのチェルシーだ。狩猟犬の犬種と言うこともあり俊敏なチェルシーはハンターのよい遊び相手になった。

 ハンターはチェルシーにとてもよく懐いたそうだ
tiger-2_e

 追いかけっこやじゃれ合いなどのよいパートナーとなった
tiger-1_e

 まるで姉弟の様な2匹、これから野生を生き延びていくためのレッスンをしていたのかもしれない
tiger-3_e


 当時は体格も同じくらいの2匹だが、ハンターはトラである。数カ月もすれば立派な成獣となる。成獣になったハンターは野生に帰す予定だと説明が添えてある。きっと今はハンターは本物のプレデター、まさしくハンターとして活躍しているのだろう。

 チェルシーとハンターは狩猟レッスンだけでなく、友情やぬくもりなど生きていくのにもっと大切な根本的ななにかを教え合っていたのかもしれない。

▼あわせて読みたい
友情に種の違いなんか関係ないさ。異種間のフレンドシップの存在を確信させてくれる動画


親に捨てられたトラの赤ちゃん、ラブラドール・レトリバー母さんの養子になる


「あら、ご主人に見られちゃった」ニワトリとウマとの奇妙な関係がここに発覚!


「大好き大好き大好き!」犬とウシはこんなに仲良しになれちゃうんだぜ


孤児となった子ジカの親友となったのは1羽のハトだった。



 
このエントリーをはてなブックマークに追加