bird0

 雪の残るノルウェーの山道で、車の屋根とカーゴボックスの隙間に挟まれた小鳥が、心優しい男性によって救出され、無事にもとの山へ帰っていくことができた。今日はそんなほっこり心温まるお話をお届けしようと思うんだ。 
スポンサードリンク

 ロン・ホランさんがノルウェーの山道をドライブしていた時、突然1羽の小鳥が現れて、フロントガラスの前を横切っていった。もしや車に当たって死んでしまったのではないだろうかと気にしながら5~6キロ走ったところで、ホランさんは天井から引っ掻くような音がするのに気がついた。

 外に出てみると、車の天井とカーゴボックスの間に、小鳥が挟まっているのが見えた。かわいそうに、小鳥は狭い隙間に挟まれて動くこともできずに、何キロもの道のりを凍りつきそうな風に晒されていたのだ。

 ホランさんはすぐにこの冷え切って震えている小鳥を救い出し、ケガがないか心配しながらも、暖かい車の中に入れてやった。そうして小鳥は、奇跡のような回復を見せたのだ…。

 ホランさんはまず、小鳥を優しくカーゴボックスの下から救い出した。
bird1

 しかし小鳥はひどい状態だった。
bird2

 そこでホランさんは、小鳥を暖かい車の中に入れてやり、さらに自分のスウェットシャツで覆ってやった。

bird3

 暖まっていくにつれて、小鳥の様子は落ち着いていく。
bird4

 どうやら回復してきたようだ。
bird5

 徐々に自分で起き上がろうとする小鳥。
bird6

 ホランさんの温かいケアが功を奏したのか、元気を取り戻した小鳥。
bird7

 帰っていく準備ができたようだ。
bird8

 住処である山を目指して、飛び立っていく小鳥。
bird9

 小さな命を助けるために時間を費やすことは、誰にでもできることではない。ホランさんのおかげで、この小鳥は再び空を舞うことができるようになった。この日は偶然にも、ホランさんの誕生日だったそうだ。ご本人が動画の解説で言っているように、最高の誕生日になったようだ。

 動画はこちらから。

Wedged birdie

via:Man Offers Shirt Off His Back To Bring Tiny Bird Back To Life translated ruichan / edited by parumo

▼あわせて読みたい
「オヤツ、オヤツ! 遠慮なくいただくよ~美味しいね!」ブドウを食べに来た人懐っこいニシコクマルガラス


迷子になっちゃったの?親とはぐれたガンのヒナが釣り客に救助された模様


「やさしく、やさしくだよ」カヌーを漕いでいた親子、溺れかけているメンフクロウの救助に成功


飛べない鳥を保護したら、あっという間にデレ化。今ではちょっとしたガールフレンド並のようだよ


羽の抜け落ちてしまう病気を抱える小鳥のレアちゃん、毎朝のお風呂タイムをエンジョイ中



このエントリーをはてなブックマークに追加