goldfish-3_e

 アメリカ、テキサス州に住むテイラー・ディーンさんは19才のユーチューバーだ。そんな彼女が友人と友人の大切なペットについての写真を紹介したところ、世界中が「これはスゴイ!」「なんてすてきなんだ!」と大絶賛されているので、みんなで見てみよう。

スポンサードリンク

net]


 テイラーさんの友人のデレクさんが大切にしているペット、それは金魚だ。大事にかわいがってきたペットだが、ある日膀胱の障害に悩まされることになる。その障害故にペットの金魚は他の金魚たちのように体を起こして浮かぶこと、泳ぐことが困難になってしまった。金魚のためにデレクさんは知恵を絞り、贈り物をあげることにした。

 それが、このお手製車いすだ。
net]

 なんと金魚にとっては幸運この上ないことに、デレクさんはは地元の水族館スタッフ。魚類に関して詳しいのだろう。工夫を凝らした車いすが完成した。
net]

 車いすの底には重しがしてあり、上部には発泡スチロールがあるのでばっちり浮かび上がるという寸法だ。この小さい車いすのおかげで、この金魚は今も水槽内を気持ちよく泳いでいるという。
net]


 そんなテイラーさんの投稿は瞬く間にインターネット上で話題を呼び、多くの人がデレクさんの小さな命を思いやる気持ちに感動を示していたようだ。

「人間だって捨てたもんじゃないと思えた」
「全ての動物はハンディキャップがあっても愛される価値があると教えてもらった」
 
 趣向を凝らし小さな命を救おうと努力する姿にみんな胸を打たれていたようだ。愛情たっぷりの車いすで今後も素敵な魚生を過ごしてほしいね。

via:Sick Fish Couldn’t Stay Afloat, So This Guy Built Him A Tiny Wheelchair translated kokarimushi / edited by parumo 

▼あわせて読みたい
アナザーワールドへようこそ!異世界の風景のような水中写真傑作選


ディープな海でディープな触れ合い。巨大なエイとスキンシップ


何があっても子孫は残す!道路を渡るサケたちのど根性っぷりがお見事


イルカになったアタシ。ベタなベタの芸をご覧ください。


「あなたのお家に連れてって」生け簀から買い物かごにジャンプ。積極的に旅にでたがる魚のいる風景



このエントリーをはてなブックマークに追加