dog-1_e

 2月も終わりに近づいたころ、アメリカオレゴン州で暮らす犬のデイジーさんを悲劇が襲った。当時のデイジーさんは出産を終え、愛する7匹の我が子と幸せな未来を夢見て暮らしていた。

 デイジーの飼い主のジェシカさんはデイジーとその子供たちのために居心地の良いベッドを納屋に作ってあげたところであった。突然の火事がその納屋を燃やし尽くしてしまったのだ。その火事により、デイジーさんは最愛の子犬たちを失ってしまう。

 悲しみに暮れていたデイジーさんを見かねて飼い主のジェシカさんは、ちょっとしたアイデアを思いつく。
スポンサードリンク

dog-1_e


 ジェシカさんのアイデア、それというのは「母親のいない動物の赤ちゃんを引き取ろう」というもの。我が子を失ったばかりのデイジーさんに少しでも生きる気力を思い出してほしい故の苦肉の策だった。

 facebookで「母親のいない動物の赤ちゃんを探しています。」とデイジーさんの近況と共に書き込みをしたジェシカさんの投稿はあっという間に注目を得る。そうして「生まれてすぐに母犬を亡くしてしまった8匹の子犬たちがいます」という連絡が入る。

 そうしてデイジーは生まれて間もない8匹の子犬たちの里親となった。かくして行き場を失った母性、そして一度は失いかけた生きがいを再発見したデイジーは、みるみる明るい表情を取り戻していった。

 命を懸けて産んだ子供たちを突然失うというのは、並大抵の悲しみではなかったろう。しかしジェシカさんの粋なアイデアで生きる喜びを思い出せた。そして産まれてすぐに母犬を失ってしまった子犬たちは、デイジーさんとの生活できっと母親に包まれている暖かい心地よさ、愛情を知ることができたのではないだろうか。

 子犬たちは離乳の時期までデイジーさんと共に暮らし、その後父親のもとに戻ったとのこと。ちょっとした出会いで交差した犬生。子供を失った母親は子供を育てる幸せを知り、母親を失った子犬たちは母親の強さ、やさしさ、温かさを知り立派な成犬になっていくはずなんだ。


Dog That Lost Babies In Fire Gets 8 Orphaned Puppies To Care For


▼あわせて読みたい
ずっと待ってたの。2年間置き去りにされた犬、苦難の末新しい家族のもとへ


生き別れたあの子に会いたい!犬肉加工工場で保護され生き別れた恋犬同士、数カ月ぶりに再会する!


虐待を受けていた犬サッシ、新しい家族とのいちゃこらが止まらない。


一件落着!盗まれた愛犬、無事に飼い主のもとへ


同じ悲しみを経験したからもう離れないよ。寄り添い生きる二匹の犬、CCとチューバッカの物語





このエントリーをはてなブックマークに追加