ladder-4_e

 3月に入ったとはいえ、夜はまだまだ冷えるしコートも手放せない。野良猫たちがこんな季節をどう過ごしているか心配しているのは我々だけではないらしい。

 冷えの厳しいトルコに住んでいる歯科医のシェブネン・イルハンさんは、大の動物好き。そんなイルハンさん、猫たちが凍えていないかどうか心配で、ご自宅を解放し猫たちのためのあったかスペースにしようと決意したんだそうだ。
スポンサードリンク

net]

 イルハンさんは長年近所に住む野良猫たちの世話を続けてきた。イルハンさんにとっては、野良猫も野良犬も大事な友達であり大事な家族だったのだ。

 「私と家政婦は室内で暖かに過ごしていますが、トルコの冬は厳しく猫たちが寒そうなのがずっと悲しく、何かできないかと考えていました。」とイルハンさんは語る。

net]

 寒さの中で身をすくめている猫たちを見て、イルハンさんが考え付いたこと。それは「家を解放しよう!」というものだった。

net]

 イルハンさんは自宅の窓につながる『猫のためのはしご』を作成し、歓迎の気持ちを表しはしごの脇を花で飾った。

 そしてはしごが完成すると続々猫たちがイルハンさんのお宅を訪問するようになったのだ。
net]

 階段は2メートルほどのものだが、そこを登れば中は暖かく、心優しいイルハンさんがいる。猫たちは凍えることなく冬を過ごすことができるのだ。

net]

 イルハンさんは仕事で留守にしている時間以外のほとんどを動物たちと過ごしているのだそうだ。

net]

 現在ではおよそ10匹ほどの猫がイルハンさんのお宅を定期訪問してくれるのだという。しかしその数はこれからも増えているとのこと。

 イルハンさんは市にいるすべての野良犬野良猫を助けていくことに強く使命感を感じている。
net]

 「この世界はけして人間たちだけのものではありません。私には大きなことはできませんが、それでも少しでも恵まれない境遇の動物たちを助けてあげたいのです。」とイルハンさんは締めくくった。

net]



via:Woman Builds "Cat Ladder" for Stray Cats to Enter Her Home from Bitter Cold.. translated kokarimushi / edited by parumo 

▼あわせて読みたい
見捨てられ栄養失調で発見されたピットブル、消防署のアイドルドッグへ変身


「やさしく、やさしくだよ」カヌーを漕いでいた親子、溺れかけているメンフクロウの救助に成功


事故で後ろ足を失った猫のプー、最新技術でかっこいい義足を手に入れたよ!


22年間毎日欠かさず野良猫たちを養ってきた。猫たちの保護天使兼パパとなったウィリーさん


猫の鳴きまねをして猫を呼び寄せてみたところ、なんととっても大所帯。親猫3匹子猫20匹が一挙に保護された!そのうち7匹のニュー猫ライフにズームイン!



このエントリーをはてなブックマークに追加