dog-1_e

 ブラジル、サンパウロ周辺に住んでいる元レスキューセンター出身のパンドラさんは、幸運にも飼い主に恵まれ、すくすくと成長する1匹の苦労犬。土を掘り起こしてお宝を探すのが好きないたって普通の犬らしい犬だった。

 そんなパンドラさんが好奇心の末掘り起こして探し出したものは世界中に希望と笑いを与えるサムシングだったんだ。
スポンサードリンク

net]

 パンドラさんの飼い主のルーカスが庭で遊んでいるパンドラの様子がおかしいことに気付き、パンドラを家の中に呼び入れた。彼女がくわえている物が何か確認しようと顔を持ち上げたところ、図らずもパンドラさんがビッグスマイルを見せてくれたことに気付いたという。パンドラさんは身元不明の入れ歯を掘り返し、偶然にもベストポジションで装着してしまったのだ。

net]

 飼い主のルーカスはこの事実に気付き、笑い死にしそうなほど爆笑してしまったんだそうだ。以前こちらのお宅には高齢のご夫妻が住んでいたらしく、そのご夫妻の持ち物なのではないかというお話だよ。なぜ埋められていたのかなど詳細は謎に包まれているという。

net]

 「完璧なスマイルだけど、入れ歯だしちょっと気持ち悪いので外させてもらったよ。気持ち悪かったけど面白かったから写真に残しておいておいたんだ。」とルーカスさんはコメントを残している。
net]


やさしい飼い主、そしてここ掘れワンワン的な趣味も充実したパンドラさん、これからもお宝発見に期待がかかる。このキミョかわいい笑顔に世界中が思わず笑顔になったのは言うまでもないね。

▼あわせて読みたい
何というぷにゅぷにゅ感!この最強ヒップの持ち主はやっぱりあの犬だったようだ


「こんなん出ました~」的な?パーフェクトタイミングな犬たちの写真集


こ、こんなクリスマスソングもあったのか。ポメラニアンによる『恋人たちのクリスマス』ナウオンセール。


「お疲れ様」と思わず声をかけたくなる、ぐでいぬたちの詰め合わせ


ちょっと芸風変わった?ハスキーたちの百面相まとめていってみよう!



このエントリーをはてなブックマークに追加