cat-1_e

 先日飼い主と一緒に通勤する愛犬たちの様子をまとめた記事をご紹介したが(関連記事)、では愛猫と一緒に通勤したらどうなるのだろう?こう考えたお友達もいたんじゃないかな。うん。私も考えた。

 愛猫と通勤すると、やっぱりキーボードの上でアレが起こるらしい。キーボードを乗っ取られて、猫ボディのキーボードを打たねばならなくなった男性のお仕事っぷりを見てみよう。
スポンサードリンク


Guy Uses Cat as a Keyboard

 しっかり勤務中のように見えた男性だが、どう見ても手元がモフモフだ。男性のキーボードの位置には愛猫と思われる猫がのんびりと寝そべっている。お仕事の監視官としての猫先輩なのかもしれない。

 「ご苦労ご苦労。モフも忘れないようそこんとこ頼む」って言ったとか言わないとか
cat-1_e

 「手ぇ抜いてにゃい?」と視線で訴えかける猫先輩
cat-2_e


 この羨ま死確実な男性はインスタグラムで愛猫のオフィスキャットとしての働きぶりを見せてくれているので興味のあるお友達は遊びにいってみよう。引き出しの中身チェック委員としての猫やデスクに乗って委員会など様々な任務があるようだ。


▼あわせて読みたい
触れるもの皆傷つける。フーセンガムは絶対割るタイプの子猫


「ちょ、おま、窒息するやろ!」顔の上にお腹が降ってきた猫のジタバタ


お前らまたか。人間を困らせ笑わせる猫のしたたか可愛い所業総集編


いや、うち猫飼ってないんだけど…いつのまにか家の中に猫たちのいる風景


いや、わかってたよ、こうなるってね。それでも笑って済ませる優しい猫好き一家のお話



このエントリーをはてなブックマークに追加