weezy-7_e

 カナダ、アルバータ州のシェルターに保護されたウィージーは非常にやせ細ったイタリアン・グレイハウンド犬だった。犬種以外の情報が何もわからないウィージーの過去は謎に満ち溢れていた。見るもの全てに怯えるウィージーの過去がけして愛情いっぱいの類の過去でないことだけは確かだった。

 今回は心身ともに傷だらけで怖がりのウィージーが再び自分以外の誰かを愛することを知るまでの物語をご紹介するよ。
スポンサードリンク

net]


 ウィージーはカナダ、アルバータ州で発見、保護された。しかし安全な保護施設にいてもウィージーの心身は恐怖から逃れることができなったようだ。音が出るおもちゃに恐れおののき、自分よりはるかに小さなハエの羽音にすら怯え、小さな物音にさえパニック状態に陥ってしまう始末であった。そんなウィージーが人に懐くことはなく、今までの里親候補者も音をあげて降参してしまうこともあったという。

net]

 ある日、そんな彼女の話を聞いてウィージーを飼いたいとサラ・マブロという女性から申し出があった。サラさんは片道2時間かけてはるばるウィージーを引き取りに来た。
net]

 獣医に行ったウィージーは、やはり精神的にも肉体的にも傷ついていたことが発覚する。特に歯の状態は深刻だった。ウィージーの歯は治療の末残ったのはたったの2本だけだった。今となってはチャームポイントであるが、それ故にウィージーは、口の中に舌をしまっておくことが難しくなってしまった。

 しかしサラさんの根気強く愛情あふれるケアにより、ウィージーの心は徐々にしかし確実に回復を
していく。

net]

 そうして3年が経ったころ、ウィージーは初めて吠えることができたのだ。その一声には信頼と感謝、今の生活の心地よさがすべて現れていたのだ。一口に3年と言えど、犬生においての3年はとても長いものだ。ウィージーはやっと過去の恐怖という抜けがらを捨て去りつつあった。

net]

 臆病で怖がりだったウィージーについに運命の出会いがおこる。なんとサラさんが男の子の赤ちゃんを産んだのだ。

net]

 赤ちゃんはイヴァンと名付けられ、すくすくと成長した。それだけではない。なかなか人と打ち解けることができないウィージーが、なぜかイヴァンにはあっという間に愛情を示すようになったのだ。

weezy-7_e

 「今宇イヴァンが生まれて7か月ですが、ウィージーはいつもイヴァンのいる場所によじ登ってくっついてますよ。ウィージーは家族でも一番イヴァンをかわいがっているみたいです。」とサラさんは語る。

net]

 真摯な愛情のこもったサラさんのお世話、そして自分より小さな赤ちゃんのイヴァンとの出会いによって、ウィージーは再び人を信じ人を愛する1匹の犬に立ち返ることができたのだろう。

net]

 ウィージーの過去がどういったものなのかはいまだにはっきりとは分からないままだ。しかし、ウィージーはそれを乗り越え、また人間の最良の友そして家族になってくれた。目に映るもの全てに怯えていたウィージーに根気強く愛情を注いでくれた家族に敬意を表したい。

via:Nobody Knew How To Help This Dog Who Was Scared Of Everything, Until Her Baby Brother Arrived translated kokarimushi / edited by parumo 
このエントリーをはてなブックマークに追加