bird-f_e


 アフメド・アリさんが自身の車を駐車した際に発見したのは小さな鳥だった。しかしその鳥がなかなか飛び立たないことを心配したアリさんは、なんとかお友達になることを決心したそうだ。

 最初は逃げられてばかりでなかなか近づけなかった1人と1羽が徐々に仲良くなっていく様子をみんなで見てみよう。
スポンサードリンク


A man and his bird

 「やぁ鳥さん。飛ばないのかい?」と声をかけるアリさん。撮影者はアリさんの友人だとのことだ。そして追いかけると鳥さんは横断歩道をちょんちょん飛びで渡る始末。

 「飛び方を忘れちゃったのかもしれない」と考えたアリさんは、飛べない鳥さん保護計画をたてたようだ。その進捗の様子は以下のようだよ。

 最初は指でそっと撫でるステップから
bird-1_e

 初のセルフィー
bird-2_e

 そして仲良しツーショット
bird-3_e

 ついには一緒にコーヒーを飲む中に進展
 もちろんこのフラペチーノはアリさんが飲んだそうだ
bird-4_e

 そんなデートを繰り返し、ついにはアリさん宅に住み着いた飛び方を忘れてしまった疑惑の鳥だが、アリさんが大好きなのかタイプ:ぺとぉんに進化した。

 今ではアリさんがパソコンのパスワードを打ち込む瞬間を鋭い眼差しで見つめる系になってしまったんだ
bird-5_e


 「ちょっと。パスワード入力するからあっち向いててよ」とか言っちゃい合えるお熱い関係みたいだよ。バレンタイン目前のこの季節だが、アリさんはわりと充実した日が過ごせそうだね。ところで、この懐こくてかわいい鳥さんの種類が分かるお友達がいたら教えてほしいんだよ。





このエントリーをはてなブックマークに追加