orca1-frame

 ある日ある時、たまたまあこがれの野生動物と遭遇してしまったとしよう。その姿を見るだけでもワクテカなのに、ましてやその生き物が近づいてきて、ご挨拶までしたくれたら、一生の話題にし続けてしまうかもしれない。ましてやそれがシャチだったら!

 今回ご紹介するのは、そんなラッキーな(?)シチュエーションに出くわした男性の動画だよ。ちょっぴり羨ましがりつつ、見てもらえるといいと思うんだ。
スポンサードリンク


Orca takes a nibble.

 この事件に遭遇したのは、ニュージーランドのクアオトゥヌでレストランを営む、ルーカス・ライリーさん(27)。

 ルーカスさんが海岸から200mほど沖でパドルボードを楽しんでいたところ、どこからともなく1匹のシャチが現れた。
 
orca2

 興味津々でパドルボードを追いかけながら、パクリ。
orca3

 一口味見してみて興味を失ったのか、シャチはそのまま去っていった。この間、5分にも満たない時間だったという。

orca4

「いやあ、実はシャチの群れをあのへんで見かけたっていう話を聞いたんで、もしかしたら自分も見られるかなと思ってボードを出したんだ。まさかかじられるとは思わなかったよ」とルーカスさん。

 これを見た視聴者は、「流氷の上のアザラシみたいに、ひっくり返されなくてよかった」「ほんと、危機一髪だったよ」などと、コメント欄で語り合っていた。

 現地でクジラの保護活動をしている専門家によると、この時期この周辺では、シャチに遭遇するのは珍しくないらしい。彼らは単に好奇心旺盛なあまり近づいてくるのであって、人間を襲うことはまずないとのこと。

 それでもシャチに体当たりをされたら、小さなパドルボードなどひとたまりもないのは確かなので、ルーカスさんは運が良かったと言えるだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加