cat-1_e-frame

 真冬になれば気温が0度を下回ることが当然の極寒の地ロシア。そのロシア、カルーガ州オブニンスクで「ヒーローキャット」と呼ばれる猫がいるのだそうだ。

 マーシャはメスの野良長毛猫だ。住民たちに可愛がられ、飼い主を持たず時々餌をもらって気ままに生きてきた彼女だが、2015年1月のある日のマーシャの様子はいつもと違った。何か意味ありげに大きな声で鳴き続けているのだという。一体何があったのだろうか。
スポンサードリンク

cat-1_e

 マーシャの住み着いている地域にある集合住宅の廊下になんと人間の赤ちゃんが捨てられていたのだという。その横にはおむつやベビー服、ベビーフードも置いてあったそうだ。

net]

 マーシャはその日いつもと違う鳴き声で住民たちに異変を知らせていたのだ。マーシャのあたたかな毛布がなければ赤ちゃんはきっと生きていなかっただろう。マーシャはその持ち前の長毛で何時間も人間の赤ちゃんを温めて寒さから守っていたのだ。

net]

 いつもと様子の違うマーシャに気付いた住民が赤ちゃんを発見、すぐに病院に運ばれたという。救急隊が到着した時もマーシャはずっと赤ちゃんから離れず、赤ちゃんが病院から戻ってくるまで同じ場所で待ち続けていたそうだ。 

 「あまりに大きな声で鳴いていたので、最初マーシャがけがをしたのかと思って見に行ったの。そうしたら赤ちゃんがいてびっくりしたわ。」と住民のイリーナさんは語る。

net]

 その後の診察で赤ちゃんは生後約6週間から12週間であること、そして健康状態には何の問題もないことが分かった。しかし南部とはいえ、真冬のロシアで赤ちゃんがたった一人きりで置き去りにされたら瞬く間に凍えてしまうだろう。小さな命を救ったマーシャにアパートの住人だけでなく世界中が賞賛を与えたそうだ。

net]

 マーシャは以前から住人にかわいがられていたが、このお手柄で今は一躍ヒーローとしてアパート中の人たちに甘やかされご褒美をたくさんもらったとのこと。賢いマーシャ、頑張った赤ちゃんに世界中からもたくさんの食べ物や衣類が与えられたそうだ。それだけでなくマーシャの里親に希望する人も多数現れたという。赤ちゃんは一時的に病院の小児病棟で保護されているが、赤ちゃんの里親希望者も多数名乗りを上げているとのこと。

net]

 小さな命を救った英雄猫マーシャさんと赤ちゃんの様子を撮影した動画はこちら。

Russia: Meet the hero cat who SAVED an abandoned baby
 
via:This Russian Kitty Found A Baby Abandoned In A Box. Her Reaction? I’m SOBBING! translated kokarimushi / edited by parumo 
このエントリーをはてなブックマークに追加