cat-1_e-frame

 イタリアの医科大学生のハリム・アモリさんが下宿先でくつろいでいると、同居している友人が子猫を拾ってきた。

 子猫はミアという名前が付けられ2人によってかわいがられて育ったようだ。そんなミアのお気に入りはハリムさんのようだよ。ミアの甘えっぷりを見てみよう。すりすりしちゃって可愛いことこの上ないんだ。

 
 
  
スポンサードリンク


I think this cat loves me

 ハリムさんと友人は一緒に世話をしてミアを育てた。友人は夜の12時に必ず就寝していたが、ハリムさんは夜更かしして夜行性のミアにお付き合いしたことも多々あったそうだ。

 それ以来いつしかミアは毎晩夜の12時くらいになると台所でハリムさんを待つようになったのだという。ひとしきり遊んだあと、いつもミアは心地よさそうに眠りの世界にうとうと入っていったそうだ。

 大好きが止まらないミア
net]

 ミアからの溢れる大好きに笑顔が止まらないハリムさん
cat-1_e


 動画でミアはハリムさんの肩に乗り、全身で愛情と感謝を示しているね。1人と1匹は大親友になったようだ。

 そんなハリムさんとミアは、残念なことに現在友人が引っ越してしまった関係で、離れ離れの生活を送っているそうだ。それでも「ミアと出会えてとても貴重な日々が過ごせたと思っています。保護した友人とともにミアが暮らすことはきっとミアにとっても良いことでしょう。ミアを恋しく感じた時はこの動画を見て気を紛らわすことにしているんです。」とハリムさんは語っている。

 離れてしまった1人と1匹だけど、これからもうまくやっていけるよう祈っているよ。

via:The Joy When This Man is Loved by a Rescue Cat translated kokarimushi / edited by parumo

このエントリーをはてなブックマークに追加