cat-4_e-frame

 ロシアの非常に交通量の多い道路にて、子猫が1人の男性の手によってその尊い命を間一髪のところで救われたようだ。

 迷わず救いに行く姿、子猫を抱いて安堵する姿に胸打たれた!と話題を呼んでいる模様。

 
スポンサードリンク


Котенок на дороге

 たくさんの車が行きかう高速道路。その道端から子猫が現れる。一時停止した車を見て、子猫は道路を渡ろうとする。しかし子猫が道路の中ほどに到着するや否や、再び車が動きだしてしまう。

 子猫が動き出した車に近づいたその時、この様子を映しているカメラが搭載されている車の持ち主がすぐさま飛び出ていく。「動かないで!」と怒鳴るも、もちろん子猫にもほかの車にもその声は届かない。

 よもや子猫は轢かれてしまったかと思いきや、間一髪のところで逃れていたようだ。子猫は命の恩人の胸に抱かれ、お礼を伝えるかのように甘えている。

 道路を横断しようと試みる子猫
net]

 一時停止した隙にこんな危険なところへ
net]

 大慌てで心配そうにかけつけた男性
 そんなヒーローに子猫も甘えているようだ

net]

 子猫は奇跡的に五体満足無事だったとのこと
net]

 この一連の出来事を目撃していた女性が自動車を路肩に駐車し(動画内開始30秒あたりに見える白い車が女性の車である)、その後彼女は子猫を引き取りたいと名乗りを上げた。そしてその女性の夫の男性が動画をYou Tubeに投稿したことでこの勇気あるヒーローは一躍話題となった。子猫はメールと名付けられ、今は健やかに生活しているという。

via:Man Runs to Save Kitten, Who Escaped Certain Death translated kokarimushi / edited by parumo 

このエントリーをはてなブックマークに追加