kids1_e-frame

 子供は泣いたり遊んだりするのが仕事である。どんなにやかましくても、愛しい我が子のすることなら、目を細めて許してしまうのが親バカというものである…普段なら。

 しかし親にも譲れない一線というのはあったりするわけで、今回はその一線を飛び越えてしまった子供たちへの、親たちの反逆を見ていただこう。 
スポンサードリンク


Parents Give Kids Taste of Own Medicine

 この騒ぎの発端は、感謝祭の休日にテレビでフットボールの試合を楽しもうとしていた大人たちが、傍若無人な子供たちの大騒ぎのおかげで、楽しみにしていた試合観戦を邪魔されたことだった。

 せっかくの休日を台無しにされた親たちは、子供たちへの復讐を思い立ち、じっとチャンスをうかがった。そしてこの日、子供たちが見たいテレビ番組が始まったその時に、あたためていた計画を実行に移したのだ。

 子供たちが騒ぎまくる様子を忠実に再現。
kids2

 叫んだり駄々をこねたり、転げ回ったり、飛び跳ねたり、とにかく子供たちにやられたことの倍返しだとばかりに、やかましく騒ぎまくってみる。

kids4

 当然、子供たちはテレビを楽しむどころではなく、呆然とパパやママが暴れまわる様子を眺めているしかないのであった。

 いやあ、気持ちはわかる。わかるが多分、これで子供たちがおとなしくなることは絶対にないだろうな。大人にとってはまあ、楽しそうで何より…というか、お疲れ様というか、うん、次の日になると筋肉痛とか記憶にない青あざとかができていそうな気がしてるんだけど、大丈夫だったかなこの人たち。

このエントリーをはてなブックマークに追加