racoondog0-frame

 飼い主と一緒にお散歩をしている犬の後を、必死について歩くアライグマの子供の動画が公開されていたのでご紹介しよう。
スポンサードリンク


Raccoon Tries to Befriend Dogs

 お散歩中の犬に走り寄り、ずっとその傍を歩き続けるアライグマの子供。仲良くなりたいのか、それともお母さんと間違えているのか、そのあたりは本人に聞いてみないとわからないが、犬を必死に追いかけている様子だけは伝わってくる。

racoondog1

 右になり左になり後ろになりと、一生懸命に犬の後をついていこうとしているようだ。犬の方も気にする様子もないので、もしかしたら初対面ではないのかな。

racoondog2

 犬を散歩させている飼い主は、途中までは微笑ましく見守っていたようだが、突然他の犬にワンワンと吠えかけられてしまった。

「怖がってるみたいよ」

 という女性の声に、飼い主と思われる男性がアライグマに駆け寄り、抱き上げようとしているところで動画は終わっている。

racoondog4

 このあとどうなったのかは定かではないが、以前にも書いたけれど、野生のアライグマには寄生虫や病原菌がいることがあるそうなので、そのへんで見かけても良い子のみんなは安易に手を触れないほうが賢明かと思われる。(関連記事

 コメント欄では、「カワイイ~」という声のほかに、このアライグマは親とはぐれてしまったのではないか、お母さんのミルクを欲しがっているのではないか、と心配する声も多数上がっていた。
このエントリーをはてなブックマークに追加