マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

#

sam0_e
image credit:Instagram

 人には持って生まれた目や髪、肌の色があるように、動物たちにも生まれついての柄や模様がついていて、それが個性やらアイデンティティになっていたりするわけだが、中には今回紹介するサムくんのように、一度見たら忘れられないキョーレツな持ち味になってしまっているケースもある。

 何をしてても何を考えていても、はた目には「困ってる?」「悲しいの?」と見られてしまうこの個性。さあ、みんなもぜひそんなサムくんに会いに行ってみよう。

#

clever1_640

 ペット動画界では定番となってきた感のある「スリーシェルゲーム」チャレンジ。今回は柴犬のハルさんと、飼い主さんちの息子エイブラムくんが挑戦してみたよ。

 2歳になったエイブラムくんとハルさんの、オヤツを巡る真剣勝負。さて結果はどうなったかな。

 

#

catsingarden0_640

 ラグドールのトビーとミカが暮らすおうちには、ステキな日本庭園がある。大きな池には大きな錦鯉たちがいて、かつてはティモがよくご挨拶していたものだったよね。

 このおうちに来て、いや、生まれて初めてのニューイヤーを過ごしたミカは、すっかりおうちにも馴染んだよう。今日もトビーと、お庭の探検に余念がないようだ。

#

korokokro4_640

 二十四節気の「大寒」は、一年で一番寒い時期だという。暖冬とはいえやっぱり寒さが身に染みる今日この頃、どうせなら思いっきり冬を楽しんじゃえ! というわけで、冬ならではの雪景色の中で、ふわもこマラミュートの子犬たちに登場してもらおう。

#

dropped35
image credit:Reddit

 みんな大好き、「愛犬と飼い主の再会」シリーズが海外掲示板Redditで紹介されていた。

 1週間留守にしていた飼い主男性は愛犬が恋しくてたまらなかった。そして空港で再会したところ、予想通り、そして理想的な再会シーンが目撃できたのである。

#

dropped30
image credit:Instagram

 みんなが今年挑戦したいことってなんだろう?成功までの道のりはなかなか険しいものだ。一度や二度の失敗でしょげている場合じゃないということを、いとしき細長モフふわなフェレットさんが体現してくれていた。

 フェレットさん、イメトレの中では華麗にクリアボックスから棚へ飛び移っていたのだろうけれど、その実、理想と現実はこんなにも違ってしまったのである。

#

dropped34
image credit:Reddit

 ぼんやりしたその風貌が世界中から愛されているナマケモノ先輩。「スローライフ」なんて言葉が生まれる前からスローライフを実践しているわけだから大先輩と呼んでもいいくらいだ。

 ナマケモノの口角はいつも上がっていてまるで四六時中微笑んでいるみたいに見える。そんなナマケモノと一緒だったからか「最高の自撮りが撮れた」という男性の投稿が海外掲示板Redditで注目されていた。

#

syria0_e
image credit:Facebook

 戦禍のシリアで野良猫をはじめとする動物たちの保護活動に献身的に取り組んでいる、ムハンマドさんの「猫の家」。だが今月に入って内戦の状況が激化し、ムハンマドさんたちはやむなく施設を閉鎖して避難することを余儀なくされたという。

 動物たちはもちろん、人間の命も危険にさらされている現在のシリア。我々には彼らの無事を祈ることしかできないのだろうか。

#

stockdogs0_640

 犬は人類の親友と言われるだけあって、ペットとして、あるいは牧羊犬や盲導犬などの働き手として、我々とは長い付き合いのある生き物である。

 今日は日本にいるとなかなか間近で見ることの少ない「牧畜犬/牧羊犬」たちのトレーニング風景が話題になっていたので、みんなにもぜひ見てほしいな。

#

bestpets201912_0_640

 大寒を超えて、世間は寒中見舞いの季節となった。ということは、もうすぐ立春とかいう、名前だけは春になる日も近いということか。

 何はともあれ1年で一番寒い季節を迎え、なぜこの時期にやるかなという入試シーズンも迎えという、ハードな時期に突入したわけだが、あれこれやらかしたり和んだりのキュートな生き物たちを見て、ハートだけでもあったかく過ごそうじゃないか。

#

deernkid0_e0
image credit:twitter

 暖冬だと油断していたら、大寒を迎えてなんだか冬らしくなってきた今日この頃。おうちのドアを開けたときのあの「さむっ!」っていう感じに、毎朝辛い思いをしているお友だちもいるだろう。

 この馬たちみたいにおうちにUターンできたらいいんだけどね。そうもいかないのがニンゲンであるが故のトホホなさだめ。この可愛らしい映像を見て、せめて気持ちだけでもあったかくなってほしい。

#

eatslikeraccoon0_640

 食事のマナーというとまず思い浮かぶのが、「箸の使い方」「ナイフやフォークの持ち方」「音を立てることの是非」なんてあたりだと思うんだけど、もちろんこれはニンゲンの場合。では猫にとって正しい食べ方ってどんなん?

 今回ちょっと変わった食べ方にこだわるにゃんこが発見されたんだけど、「食えりゃいいニャ」というわけではなさそうだ。だってこっちの食べ方の方が、きっと数倍大変だもの。